心の琴線

心を震わせるロックの名曲を共感するブログ

【スポンサーリンク】

【Rainbow】Kill The King

今回は、バンド【Rainbow】のアルバム『Long Live Rock 'n' Roll』より、曲「Kill The King」をご紹介させて頂きます。

 

f:id:kou-ni:20191111003136j:plain

Long Live Rock 'n' Roll

ご紹介するのは元バンド【Deep Purple】で有名な大物ギタリストのリッチー・ブラックモアが率いるバンド【Rainbow】の3枚目のアルバム『Long Live Rock 'n' Roll』です。日本名は『バビロンの城門』、ご存知の方も多いと思います。ボーカルは、ロニー・ジェイムス・ディオ、メタル界のゴッドファーザーと呼ばれています。コブシを効かせて歌う事から、日本では「メタル界の北島三郎」と呼ばれているとか・・。彼はバンド【Black Sabbath】(ブラック・サバス)や自らのバンド【Dio】(ディオ)でも活躍しています。ドラムは、音を聴けば分かるコージー・パウエルです。リッチーと合わせて、3人の大物アーティストが共演しており、それ自体で強力です。そんな強力メンバーのアルバムから、紹介から外せないハードロックの原点を教えてくれる名曲「Kill The King」をご紹介させて頂きます。

 

 曲「Kill The King」のオリジナルです。


RAINBOW Kill The King HQ Original Studio version

イントロのアルペジオ、ベースやドラムが徐々に加わってくる展開に、鋼鉄の魂が震えます。イントロの後のリフ、これもシンプルですが鋼鉄の魂をワクワクさせる名リフです。ボーカルパートでは、ロニーの力強い声が存在感がありハードロックの原点を感じます。2:07から2:42のギター・ソロでは、リッチー・ブラックモアらしい個性的なギターが聴けます。何より楽曲の構成が美しく、曲の最後も綺麗にまとめています。起承転結が明確でメリハリがあります。バロック音楽を取り入れた様式美スタイルの先駆者と言われるバンドの特徴です。

今回の「心の琴線に触れる音」は、曲のモチーフとなるリフと、2:07から2:42のギター・ソロです。リッチー・ブラックモアらしいです。最近のテクニカルなギターとも、マイケル・シェンカーの様な叙情的な音ともアプローチが異なります。迷わず純粋に陶酔したような表現方法で、人間の内なるものを感じます。

 

当時の「Kill The King」ライブ映像です。


Rainbow Kill The King (Legendado)

リッチー・ブラックモアは、テクニカルでは無いと思いますが、独特な味わい・深みのある音を奏でます。加えて、このようなサウンドを作る中心になれるのがリッチーです。ステージの動きも、怪しくカリスマ性があります。

 

SYUによる「Kill The King」ライブ映像


syu- kill the king (rainbow)

SYUのギター、ちょっとマイケル・シェンカーっぽいソロになっています・・。

 

バンド【Adrenaline Mob】による曲「Kill The King」カバー


Adrenaline Mob - Kill The King (Rainbow Cover)

メタル化させた曲「Kill The King」といった感じを受けます。音の切れがあります。ギター・ソロは、リッチー・ブラックモアに敬意を払って弾いていますね。

 

曲「Kill The King」王様によるカバー


王様を殺せ!

色物感はありますが、知名度高いですよね。ギターは結構上手いです。

原曲の良さを広めるために大きく貢献してくれました。

 

ご紹介のアルバム『Long Live Rock 'n' Roll』です。

Long Live Rock N Roll

Long Live Rock N Roll

 

 ハードロックの原点、鋼鉄の魂を震わせる原点が、ここにあります。古き良きものを、少しでも多くの人に知ってもらえれば嬉しいです。