心の琴線

心を震わせるロックの名曲を共感するブログ

【スポンサーリンク】

【Scorpions】Big City Nights

今回は、バンド【Scorpions】のアルバム『Love at First Sting』より、曲「Big City Nights」をご紹介させて頂きます。

 

f:id:kou-ni:20190514185609j:plain

Love at First Sting

 

このアルバムは、以前紹介した曲「Rock You Like a Hurricane」と同じ9作目のアルバムに収録されています。この曲は、ルドルフ・シェンカーによりギター・ソロが演奏されているのも特徴です。

 

www.kinsen.work

 

 

原曲です。


Scorpions - Big City Nights (Lyrics)

 

シンプルで印象に残るリフから曲は始まります。そこから自然にヴォーカルが入り、何とも黄昏れながら哀愁漂うサウンドが心地良いAメロ・Bメロが展開されます。そして、サビでは、一緒に歌わずには居られないメロディーに夢中になります。2:41~3:13付近のギター・ソロでは、普段はリズムギターのルドルフ・シェンカーがギター・ソロを弾き、特有の叙情的なヴィブラートが心に染みます。

今回の「心の琴線に触れる音」は、サビの”Big City,Big City Nights”のフレーズ部と、ルドルフ兄さんのギター・ソロです。普段はリードギターのマティアス・ヤプスも、この曲では、細かい演出をして脇にまわってルドルフを引き立てています。もちろんクラウスのヴォーカルが素晴らしいのは言うまでもありません。

ファンとしては、(もう良い歳だし)ルドルフとマイケルは早く仲直りして欲しいです。マイケルはクラウスの事だけは、素晴らしいと言っているだけに残念です。

 

当時のライブ版です。


Scorpions - Big City Nights - 8/31/1985 - Oakland Coliseum Stadium (Official)

 

ルドルフお兄さんのギター・ソロも、少しマイケルにも似て叙情的な音がします。弟のクロスした白黒では無く、左右で白・黒が完全に別れています。

 

 

ライブ版です。


Scorpions - Big City Nights

 

サウンドもステージパフォーマンスも素晴らしいです。感動的です。偉大なバンドです。ルドルフお兄さんのギター・ソロも味があって良いですね。お兄さんは、ベンツVを使っています。

 

バンドHappenstanceによるカバーです。


Fozzy - Big City Nights (The Scorpions Cover)

他バンドによるカバーです。新鮮な感覚で曲を聴くことが出来ます。

 

 

ご紹介のアルバムです。 

Love at First Sting

Love at First Sting

 

 

これを機会に、多くの人にスコーピオンズの哀愁を知って頂き、少しでも明日の力になれば幸いです。