心の琴線

心を震わせるロックの名曲を共感するブログ

【スポンサーリンク】

【UFO】Doctor Doctor

今回は、バンド【UFO】のアルバム『Phenomenon』より、曲「Doctor Doctor」をご紹介させて頂きます。

 

f:id:kou-ni:20190515174133j:plain

Phenomenon

このアルバムは、1974年にリリースされ、マイケル・シェンカー加入後の1つ目の作品です。マイケルの加入したバンド【UFO】は、一気に世界レベルのバンドに成長しました。マイケル自身のバンド【MSG】よりも、バンド【UFO】在籍時の方が、彼の研ぎ澄まされた鬼気迫る鋭いサウンドが聴ける様に感じます。

 

こちらが原曲です。


UFO - Doctor Doctor

 

この曲は、ライブバージョンのアレンジも非常に素晴らしく、バンド【MSG】などでは、ライブの最後に演奏され大盛り上がりとなる曲です。

非常にシンプルな曲でありながら、Aメロの展開におけるリード・ギターのハモリなどは、当時としては非常に革新的だったようです。音は単純なハモリですが、そのトーンやヴィブラートが非常に心に染みます。ヴォーカルのフィル・モグの歌声は存在感が強く素晴らしいですが、リード・ギターの音が極めて叙情的で、ギターのメロディーがヴォーカルよりも遥かに前に出てきます。珍しくギター・ソロが無い曲ですが、単調さは感じられず、いつまでも聴いていたい心地良さがあります。このシンプルなギターの鳴きに、不思議と涙が止まりません。

今回の「心の琴線に触れる音」は、悲しげな叙情あふれるイントロ部、そしてAメロの展開部でのハモリです。

是非、ライブ版の音源も聴いて頂き、この名曲を味わって頂きたいです。

 

若い日のマイケル・シェンカーのライブ


UFO - Doctor, Doctor (early live Schenker)

この頃は、まだ白黒ではないフライングVです。ライブでもアレンジを加えて本当に叙情的な音を出して、1音1音丁寧に弾いています。強い音を出すためにピックを逆に持つ事でも有名です。スタジオ録音では、Aメロ部分のハモリのギターを重ねて録音していますが、ライブでは1人でハモリも弾いています。私も真似したくてコピーしました。

 

UFO再結成した時の、スタジオアルバムのボーナス・トラック


UFO - Doctor Doctor '95 Version

スタジオ版という事で、ライブ版とは異なり完璧なクオリティーです。

この頃、借り物のフライングV「4」を音が良いという事で、好んで使用していました。

当時の雑誌のコメントでは、イングヴェイはギターの練習なんかした事が無いとコメントするのに対し、マイケルは、トレーニングが必要なので練習しているとコメントがあり、凄くストイックな人です。

 

MSGのライブで、ルドルフとクラウスがゲスト参加。(ファンは感激です。泣・・)


MSG - 11 - Doctor Doctor (w/ Klaus Meine & Rudolf Schenker) [Hammersmith '83]

ゲストのクラウスのヴォーカルは流石です。彼に掛かれば、どんな曲でも自分の曲の様に歌い上げ魅了してくれます。そして、ルドルフとマイケルが向かい合ってギターを弾くシーンには感動です。スコーピオンズからUFOへと弟を送り出した兄としては、成功した弟の姿を喜んでいると思います。

ステージ上は、皆が楽しそうで、こちらも非常にポジティブな気持ちになれます。

 

比較的最近のライブにて


Micheal Schenker´s Temple of Rock - Doctor Doctor - live in Netherlands, October 31, 2015

時代と共に常に新しいアレンジを加えてくるのがマイケル。ギターを弾きながら、ファンと手を触れるなど、サービス精神も素晴らしく、見ている私も頑張ろうと前向きになれます。60歳過ぎたお爺さんですが、ギターの腕は研ぎ澄まされて凄くカッコ良いです。いつまでも現役で居て欲しいです。

 

バンド【UFO】時代の名曲の1つ、この曲とマイケル・シェンカーの歴史、アレンジの深い味わいを感じて頂き、皆さんの心に少しでも良いものが残ると嬉しいです。

他の名曲も、今度紹介させて頂きます。

 

 ご紹介のアルバムです。

Phenomenon

Phenomenon