心の琴線

心を震わせるロックの名曲を共感するブログ

【スポンサーリンク】

【Gamma Ray】Into The Storm

今回は、バンド【Gamma Ray】のアルバム『Land OF THE Free II 』より、曲「Into The Storm」をご紹介させて頂きます。

 

f:id:kou-ni:20190503154415j:plain

Land OF THE Free II

 

このアルバムは、2007年にリリースされ、その名は『Land OF THE Free II 』。1995年のコンセプトアルバム『Land OF THE Free』の続編と言わんばかりのアルバム名です。バンド【Gamma Ray】自体は1989年から始まり、最初はラルフ・シーパースがヴォーカルでしたが、彼の脱退後からカイ・ハンセン自身がヴォーカルを兼任する事になります。以前ご紹介させて頂いた、1995年にリリースされた『Land of the Free』では、カイ・ハンセンのヴォーカル+ギターの兼任が始まった転機となるアルバムでした。 その続編として意識したのかも知れません。この時期には所属レーベルが倒産・移籍するなど激動だったようで音が荒削りな気もしますが、良い意味で疾走感が強く出ているとも言えます。

 


Into The Storm (Gamma Ray) +Lyrics

 

曲名の通り、嵐の様な風の音からギターのリフが曲が始まります。ヴォーカルもギターも、力強い疾走感が心地良く感じられ、非常にカイ・ハンセンらしい曲だと思います。

3:47と短い曲ですが、キャッチーなメロディーに自然な展開で聴き易く、何度聴いても新鮮な風を感じる事が出来る曲です。

1:59~2:45のギター・ソロでは、2人のギターの掛け合いから始まり疾走しながらも大きく曲を展開させます。その最後にツインリードでハモり、綺麗にヴォーカルのサビに戻す構成には、高い音楽性と懐の深さを感じます。

今回の「心の琴線に触れる音」は、2:55~曲の終わりに掛けての盛り上がるシーンです。最後の歌詞「I'm riding on into the storm storm storm~」の部分は圧巻です。曲を聴き終わった後には、嵐の後の静けさとも言える様な、気持ちが晴れ晴れした気分になる爽快な曲です。

 

ライブ映像です。


1-GAMMA RAY-Into The Storm (Japan 2008)

彼のヴォーカルはハイトーンボーカルで上手いです。ギターも、ライブで心を揺らす音が出せています。歌いながら弾けるのも凄い事だと思います。

彼は、ハロウィン、ガンマレイを設立したジャーマン・メタルのカリスマです。

 

この曲を聴いて、カイ・ハンセンを知って頂き、この疾走感を気に入って頂ければ嬉しいです。

 

 ご紹介のアルバムです・

ランド・オブ・ザ・フリーII

ランド・オブ・ザ・フリーII